管理・統制ソフトウェア ロボマネージャRobo Manager

稼働中のロボットが増えると…

ロボマネージャで一元管理。

ロボマネージャは、 “現場監督” 役のソフトウェアです。
たくさんのロボオペレータを管理・制御することで、多数の自動化業務を効率的に行えます。

ロボマネージャの機能

  • 実行状況の確認
    各ロボオペレータの実行状況を確認・強制停止ができます。
  • ジョブの割り振り
    ロボオペレータを指定して、即時・指定日時に実行指示します。
  • スクリプト管理
    スクリプトをバージョンまで含め一元管理できます。
  • 実行履歴の確認
    各ロボオペレータが過去に行った処理が確認できます。
NEW

マネージャ管理ライセンス機能搭載。

マネージャ管理ライセンスを導入することで、PC何台にでもロボオペレータをインストールできるようになり、
ロボットの活用をさらに拡大できます。
費用は「最大同時実行数」に対してかかるため、コストを抑えることも可能です。

NEW

管理範囲が設定できるようになります。

管理するロボオペレータやスクリプトを管理者ごとに設定できる機能を追加予定です。
これにより、部門外のロボットの監視・実行を防止できます。

※2020年1月リリース予定

動作環境

  • 対応OS
    ・Windows 8.1, 10
    ・Windows Server 2012R2, 2016, 2019
    ※32bit,64bit 対応可能
  • CPU
    2.40 GHz以上のプロセッサ推奨
  • メモリ
    4GB 以上推奨
  • HDD
    20GB以上の空き容量推奨
  • 必須ソフトウェア
    Java 8(JRE 1.8) 以上
    ※ツール内に同梱しております。
※ クラウドの仮想環境(AWS、MS Azure 等)でも動作します。

ロボオペレータは
株式会社アシリレラの商標または登録商標です。